アイクリームのまつげ育成効果

アイクリームは、目の周りのクマだけでなく、くすみ、たるみ、小じわなど、様々な効果のあります。

 

目元のいろんなトラブル対策に最適なのがアイクリームです。

 

それに加えてアイクリームにはまつげ美容液を兼ねている種類もあります。

 

なんと「まつげ」の育成効果まであるそうです。

 

なぜアイクリームがそんな効果があるのかを調べてみました。

 

 

まつげを育成するには?

 

まつげを伸ばすには、まずそれが生えている「まぶた」から効果を及ぼす必要があります。

 

まぶたの潜在能力をあげることで伸びやすいまつげを生み出すのです。

 

まずは、まぶたの血行を改善しなければいけません。

 

アイクリームには、血行をよくするビタミンK・Eなどの成分が含まれています。

 

これで血行は改善されますね。

 

次に潤いが必要です。

 

潤いには角質層の奥まで浸透するビタミンC誘導体配合がおすすめです。

 

まゆげ美容液のアイクリームには、当然含まれています。

 

最後に必要なのが保湿です。

 

ヒアルロン酸やセラミド配合のアイクリームで潤った水分を維持します。

 

この様にまつげ美容液のアイクリームはまぶたへの影響を考えて作られています。

 

まぶたのケアが進めば、まつげにも美容成分が行き渡り、まつげも伸びていくということなんです。

 

目元のケアをしながらまつげを育成するアイクリームはおすすめですよ。